思い起こす自主規制の対応

自主規制ルールへの今後の対応について(2013/11/06)
標題のコメントの通りいよいよ当月の11月から自主規制が
始まるようです。自主規制とは名ばかりで実際は政府の規制
です。GMOは撤退を余儀なくされるのではないかと市場で
は憶測が流れておりましたが、FX及びバイナリーオプショ
ンのリーディングカンパニーとして引くに引け無いところが
実情のようです。

思い起こす自主規制の対応

目新しいところは一切ありません。結局は『お上のご沙汰通
り』に従わざる得ないようです。日本は治安の良い国ではあ
りますが本当は管理統制の厳しい怖い国です。
主権アメリカ国の属国ですので「ドル」にはいつも関心をは
らいましょう。丁度、本日から株式の「空売り」が解禁にな
りました。バブルの元凶とも言われ実体経済ではなく虚構の
拝金主義「空売り」が解禁になるのです。
あげくカジノ構想が本格化して既成の事実になります。
空売り解禁とカジノと東京オリンピック・・匂います・・・
。お金の匂い。何が何でもバブルを起こし経済の活性化を図
る意図が透かして見えます。15年の遅れからようやく戻っ
てきた矢先に、また踊らされるのはいかがでしょうか。・・
・と文句を言っていても始まりませんね。乗ろうでは有りま
せんか。拝金主義に・・ついでにロールスロイスに乗ろうで
はありませんか。「人生は瞬きの如く」で有れば、一瞬の夢
でも見ようではありませんか。ご一緒にいかがですか。
斜めに構えていても稼ぐ事は出来ません。
両腕をおおきく広げて「ウェルカム!!」
それにしても虚しい世の中ですね。

«
»